神埼市で防草対策砂利敷き工事をしました!

建物区分
戸建て
施工内容
砂利敷き・防草工事
工事期間
3日
リフォーム費用
約30万円
商材
鳥栖砂利

さあ今日から防草対策砂利敷工事に入っていきます。
みなさんのお庭は春先から初冬にかけてどのような感じでしょうか?
草むしりをする方が多いかと思います!
草が茂ってしまうと、蚊や虫、小動物までお庭に住み着いてしまいます。
お悩みの方も多いと思います。
そこで当社の防草対策砂利敷工事をご紹介させていただきます!

施工前

庭

だんだんと芝が広がっていってしまってます。

佐賀

防草対策砂利敷き工事

お家のまわりぐるっと対策工事をしていきます。
まずは邪魔な芝を剥いで縁切りブロックをならべていきます。
今回は畑を広げたいとのことなのでブロックで拡張していきます。
ブロックを並べ終えたら排水のための下地調整をしていきます。

リフォーム

矢印に向かって土を削っています。矢印の方へ削ったら溝を掘っていきます
溝も勾配をとっていきます。
ここまできたら防草シートを敷設していきます。

エクステリア

防草シートを敷設したら穴が開いたパイプを並べていきます。
普通の砂利敷では、土を平にして防草シート砂利敷の工程だと思います
排水を考えないと降った雨が水溜りになり砂利が変色したりそこから草が生えてきてしまいます。
それに加え砂利の厚みが薄く、すぐにシートが見えてしまいます
これだけでは防草対策のための砂利敷ではありません。
1シーズンでも除草しなければシートの下に草の根が張ってしまい
無理に抜こうとするとシートごと剥がれてしまいます
こうなってしまうと、全てシートをとらなくてはなりません。
なので雨水の排水を考えた施工をしていきます。
こうすることで、飛来してきた草の種など砂利の上に落ちても常に土が乾燥状態なので
発芽することもありませんし、雨できれいさっぱり流れていってくれます。
これが当社のよる防草対策砂利敷工事です!
他の場所も同様に施工していきます。

外構

砂利を入れていきます
パイプやシートが動かないように慎重に敷設していきます。
最低5センチ以上の厚みで砂利をいれていきます。

防草対策砂利敷き工事完了

ガーデン

敷終わったら平らに均して、水で砂利を洗ったら施工完了になります

鳥栖